2015年版への移行

ISO9001,ISO14001は2018.9.14までに2015年版への移行が必要です。

当社では、2015年版への移行を支援するコンサルティング・サービスを提供しております。

お見積、ご相談など、お気軽にお声がけ下さい。

 

2015年版への移行はどのように進めたらよいか

2015年版への移行は、以下のステップで進めることをお勧め致します。新規格での移行審査前にシステムの再構築と運用実績(3ヶ月から6ヶ月程度)が必要です。新規格でのPDCAサイクルを廻しておく必要があります。

  1. 移行日程の設定
  2. 規格の差分理解
  3. 組織の状況/適用範囲/方針の決定
  4. リスク及び機会への取組
  5. 業務プロセスと現行QMSとのかい離分析
  6. マニュアル・手順書類の改訂
  7. 品質目標とその達成計画策定
  8. 教育の実施
  9. 2015年版 運用開始
  10. パフォーマンスの監視・測定及び分析・評価
  11. 内部監査
  12. マネジメントレビュー
  13. 移行審査の受審

*御見積りは信頼と実績のタテックスまで[[お問合せ]]ください。

お問合せは、ここをクリック→[[お問合せ]]